東証 Market Impact VIew

更新日:2013/12/30

*東証Market Impact Viewとは
2010年1月、東京証券取引所は「量的拡大・質的向上によるマーケット規模の拡大」を図るため、次世代売買システム arrowhead を稼動させました。arrowhead稼働に伴い、すべての気配情報(いわゆるフル板情報)の配信が開始されましたが、このフル板情報に対する分析情報を、わかり易くご提供することを目的として開発されたシステムが 東証 Market Impact View です。
なお、東証 Market Impact View は2013年12月30日をもってサービスを終了しました。
以下は、トライアル版として提供されていた東証 Market Impact View のTop 画面です。
tseTMIV